FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

恋愛ラボで更ける夜

 先週、恋愛ラボ5巻発売記念で作者の宮原氏のサイン会がありました。

 恋愛ラボとは、芳文社から発行されている四コマまんがです。

 宮原氏のサイン会に行くのは二度目で、最初はマキを描いてもらいましたが、今回はちょっと特殊なリコを描いてもらいました。

 それ自体は周知のことですが、それがきっかけにもなって恋愛ラボを読み返しています。

 恋愛が基となってできたものは、文学、美術、音楽…おおよそ人間の表現できるあらゆる手法で表現されてきたと思いますが、恋愛ラボばその中でも奇異なものかもしれません。

 大体の恋愛ものは誰かに恋をしてから、例えそれを本人たちが認知していなくても、始まります。

 恋愛ラボはその少し前、恋に恋焦がれている段階から始まります。

 しかも、女子中学校という特殊な環境の中で、(マキの性質もあるのでしょうが)知らないが故に(面白い方向に)歪んでいます。

 しかし知らないながらでも彼女たちは、恋愛という本に、ターヘルアナトミアを訳そうとした前野良沢や杉田玄白のように格闘しています。

 しかし読んでいて面白いのは恋愛うんぬんかんぬんよりも、マキとリコ引いてはあの5人の結びつき、つまりはその友情を、木管楽器の響きのように感じていられるときです。

 一巻のラストの方、二巻の中盤、四巻のラストの方、ここに友達を想う彼女たちの愛らしく、そして柔らかで、よく澄んだ響きが聴こえてきます。

 物語はまだまだ進むでしょう。やがて解体新書も出版されるでしょう。

 そして蘭学事始を静かに書き終えるのでしょう。

 願わくばその物語が、どうかその木管の響きを失わずに、澱みなく突き抜ける青空のようにならんことを祈ります。








スポンサーサイト



  1. 2010/11/14(日) 00:38:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こんにゃくゼリー:窒息死事故17日判決 危険性争点に | ホーム | 内田光子指揮 クリーヴランド管弦楽団>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://opergan.blog113.fc2.com/tb.php/89-efe4c53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する