FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

内田光子指揮 クリーヴランド管弦楽団

 内田光子率いるクリーヴランド管弦楽団のコンサートに行ってきました。

 これで2回目です。アメリカの管弦楽団を聴きに行ったのは。

 前がヤルヴィのシンシナティ交響楽団だったから、どっちともオハイオ州となりました。(笑)

 プログラムはオールモーツァルトで、ディヴェルティメントのK138、ピアノ協奏曲の23番と24番でした。

 ディヴェルティメントは弦楽器だけの作品ですが、指揮者なしで立って演奏してました。実際はコンマスが仕切っていたようでしたが。

 メタリックな音でした。アメリカのオケに技術のほかを望むのは間違いなのですが、何というか、クラウザーさんが上品にモーツァルトをやったらこうなったって感じの。それは言いすぎか(笑)。

 23番は好きな曲で、ハイドシェックがヴァンテルノートと演ったのを第一として聴いています。

 内田は弾き振りでしたが、木管を使うセンスが素晴らしい。思わず目を細めて聴き入ってしまいました。ピアノに関しては上の下という感じでしたが、内田を見直してしまいました。

 ドレスデンやウィーンのオケで、内田指揮でハイドシェックがピアノの同曲をやってくれんもんでしょうか。

(敬称略)




スポンサーサイト



  1. 2010/11/13(土) 11:30:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恋愛ラボで更ける夜 | ホーム | 茹で落花生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://opergan.blog113.fc2.com/tb.php/88-1b113f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する