FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

LFJ(ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日))、一日目と二日目

 ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)・オ・ジャポン(略してLFJ)!

 なんだかだ言って、今年もやってきました!今年はバッハ!わが血肉バッハ!うれしいですね!私のルーツのうち、重要なものの一つ!さあ聴こう!

 今年で五年目らしいですが、私は二年目から参加していました。これまでのLFJで印象に残ったのは…コルボの声楽曲各種!モーツァルトの大ミサやシューベルトの6番なんかでは涙が出ました。井上道義のガーシュウィン!ホルスタイン模様のスーツというお笑い的な服で出てきた割には、凄え演奏!この音楽はすまして演奏してはダメだ!と思いました。ラドロヴィッチのベートーヴェンヴァイオリン協奏曲!期待せずに行ったものの、名刀正宗のようにスパッとこの曲を捌いてくれた!清清しかったです。

 で一日目。何か良かったかってコルボのロ短調ミサ。現役でこれだけのバッハとなると、この人を含めても5人いないだろうなとか思いました。
 
 ラストの「主よ哀れみたまえ」のコーラス。これが良い!これだけでも聴きに行った甲斐があったというものです。

 録音ではリヒターをよく聴いています。バッハの録音で良いのは何かと訊かれたことがあります。私は、ジャケットのどこか一部でも「カール・リヒター」と書いてあればその録音でいい、と答えたことがあります。

 あと、ピエルロのマニフィカト!これも良かった。

 この曲は、快晴の休日の朝とでもいうべき爽やかな曲です。CDではガーディナーを聴いています。ちょっと軽いですが、この曲なら良いでしょう。

 さらにドマルケットのチェロ組曲!会場が相田みつお美術館だったせいか、より深く曲に浸ることができました。

 しかしこの会場相田みつお美術館。相田みつおの文字と音楽、奇妙かつ絶妙なブレンドがたまりませんでした。

 また、小さな部屋でもひとつ楽器があれば、立派なコンサートホールになるのだなと思えました。

 一日目、スケジュールの関係もあって無料公演には行けずでした。JR東日本交響楽団とか聴きたかったのですが…

 で!イベント(かの10!)終わりに二日目に行ってきました。

 …こう書くとコミケか何かの即売会のような感じです。

 まあ、コミケ規模のクラシック音楽コンサートですから、強ち間違いではないかもしれません。

 今日はハープシコードのパートをピアノで弾いたハープシコード協奏曲第1番と5番、2台の為のやつの1番が最初に、後半はヨハネ受難曲でした。
 協奏曲はカントロフのサポートでべレゾフスキーとエンゲラーのピアノでした。もう奏者がどうこう言う前に、私にとってまさに「血肉」になっているこれらの音に感動しないはずがありません。よかったです。
 ヨハネは鈴木=BCJ。前に西宮で(ハルヒ絡みではない)同じコンビのマタイを聴いていたので期待していました。大当たり!マタイよりも彫を深くして演奏していました。いいなあもう!
 昨日のコルボといい、この3日間は世界でも五指に入るバッハ奏者が東京に集結しているんじゃないかと思います。

 
スポンサーサイト



  1. 2009/05/05(火) 08:20:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏コミ! | ホーム | かの10!のお礼とKey10周年に寄せて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://opergan.blog113.fc2.com/tb.php/48-2942d535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する