FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

入院をしておりました。

 先日まで5日間入院をしておりました。

 その数日前から鼻血が止まらず、耐えかねて近所の病院に行きましたが匙を投げられ、救急車で別の病院へ搬送となり、そこでそのまま入院となりました。

 今鼻血は完治しておりませんが、ましになっています。

 入院は3回目です。

 1回目は5歳ぐらいのとき、急性腎炎にかかり3か月入院しました。この時期の3か月は長い時間です。この時に経験したり体験したことが、今も影響しているなどということがあります。
 また、この病気の影響で体を活発に動かすこと(体育とか)を厳禁とされたので、結局運動嫌いになりました。
 さらに、この病気は塩分が厳禁ですが、そのせいで薄味の物を食べさせられていたので、一時期薄味嫌いになっていました。今は薄味が好きですが。
 外に出られないので、マンガとかをよく読むようになり、今の下地ができました。ドラえもんなんかはこのときに知りました。

 2回目は今から3年ぐらい前です。炎天下で仕事をしていた私は倒れ、そのまま救急車で搬送され、入院となりました。一日だけでしたが、きついものでした。ベットは堅いし、病院食も…、何より音が無い。PCもコンポも無いのだから当然なのですが…

 この2回目の入院がちょっとトラウマとなり、今回の入院を暗く考えていたのですが、そうでもありませんでした。
 施設がいい。少なくとも快適に寝られるベットでした。病院食も、高血圧食でしたが旨い。薄味に工夫が見られました。(例として大根おろし。醤油を使わず、少しだけ大蒜を混ぜてある。)
 また自由度も高く、病院の隣にあるコンビニくらいまでは普通に行ってました。
 途中から個室だったのですが、快適でした。

 看護師さんも進化していました。小型の荷台にPCを乗せ、それと一緒に移動しています。患者の腕にはバーコードのある腕輪を着けさせ、それをPCで読み取り、院内のDBに反映させ…ここまでやったら、現場としては管理がやりやすいと思います。
 服装も短い袖の上にズボン。エロゲーなんかに出てくるものとはわけが違う。

 正直を言うともっといても良かったのですが、27日にコンサートが控えているために退院しました。

 そんなわけでまだ完治していません。鼻血を止める治療は出血部位を焼くのが効果的です。しかし、これは全ての部位に有効ではなく、場合によっては別の病気を引き起こすことがあります。
 今回やったのは圧迫止血です。押さえて止めるのですが、これがすごい。鼻が捥げそうなぐらいガーゼを詰め込まれました。しかも鼻の骨に沿ってギチギチと押し込んで行くので、全く関係ない歯まで痛みを感じるようになりました。
 で、このままで数日放置となったのです。

 明日から仕事です。都合一週間以上休んだ体は、動くでしょうか?(笑)




 
スポンサーサイト



  1. 2009/01/25(日) 23:23:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お詫びいたします。 | ホーム | 昨年を振り返って>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://opergan.blog113.fc2.com/tb.php/44-88a924d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する