FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

バッハとうらバン!

 先日、平日にも関わらず、遠出をしました。ヘルムート。ヴィンシャーマン指揮の大阪フィルハーモニー管弦楽団よるバッハの「音楽の捧げもの」と「フーガの技法」という曲を聴くためです。

 音楽の捧げものは、バッハが、自分の息子が仕えているフリードリヒ2世を訪ねた際、王からある旋律を提示され、その場でその旋律を用いて幾つかの即興演奏を行い、それを楽譜にし、様々な楽曲を加えて完成させたものです。
 王の主題に即興演奏―それはフーガだったようですが―披露したバッハは、なみいる人々を驚嘆させずにはいられなかったと伝えられています。ちなみに、バッハ62歳の出来事だそうです。
 フーガの技法は、ある基本の主題による単純なフーガから始めて、反行系、リズムの複雑化、フーガの拡大と縮小などといった、一つの主題から多様なフーガを導き出す技術を体系化したものを示す―音楽として演奏する―ものです。単純な主題を凝りに凝って組み合わせることによって音楽性を引き出すことに成功しています。
 この両曲はバッハの作曲技法の粋を尽くした作品と言われ、音楽の一つの究極の形となっています。それを示すものとして、この2曲には一部を除いて演奏する楽器の指定がありません。

 この音楽を私は好きです。これを聴いていると、バッハの叡智やその作風、そして私を形成している何かが共鳴するのです。録音では、カール・リヒターやラインハルト・ゲーベルを聴いています。この演奏は技巧的にも、編成的にもよくできていると思いますが、聴き方によっては学究的な―退屈な学校の講義のような―印象を受けるのではと思っていました。
 ヴィンシャーマンの演奏はその2者よりはかなり演奏会向けに、明るく、わかりやすくなっていると思います。だからといって、カラヤンのように無味乾燥になっていないのもヴィンシャーマン。自身で隅から隅までこの曲を把握しているこの人だからできること。生で聴けて本当に良かったです。
 付け加えて、大阪フィルのメンバーも負けていない。良いアンサンブルを繰り広げていました。
 こういう演奏会を聴けて本当に良かった!またヴィンシャーマンを味わいたいです。
 
 で、大阪に行ったわけですが、ついでに本を幾つか買い漁ってきました。その中に「うらバン!」があります。
 私はこの話が大好きです。きらら系で連載されている音楽系の話は幾つかありますが、私はこの作品をプッシュします。
 吹奏楽部の部長、フルート奏者です。音楽の捧げものなんか適任かな(笑)。

 あんまりこの話が好きなので、同人誌を書きました。まだ連載ではなく、読みきり扱いの時に書いたものです。
 私は自分のオリジナルの設定として、「西日本音楽院」というものを作っています。私のCLANNAD小説「コンサート」に出ています。また、非公開作品ですが、「かみさまのいうとおり!」の同人誌や「市立鋳銭司学園高校放送部」の同人誌に出しています。後々は「ひだまりスケッチ」や「らき☆すた」の同人誌にも出す予定です。
 明治の時代、海外の文化を取り入れていたその時代に、音楽の分野でそれをしようとした学校。主に欧州の音楽学校への進学を目的として作られた「西日本音楽院」。大学は持たず、初等部、中等部、高等部の3部からなり、自分たちを売り込むための管弦楽団を持っている。そんな設定です。
 部長を、かってそこに初等部から中等部まで在籍し、在籍中はスーパー奏者だった。世界的奏者であるランパルや二コレに絶賛され、彼らにフルートを贈られたまでの腕前、しかし中等部を最後に西日本音楽院を去り…という設定を部長に勝手に付け、彼女を西日本音楽院の連中が訪ねてくるという内容の同人誌です。
 …うらバンの連中を、ムジークフェラインやアルバートホール、日本ならサントリーホールなんかで演奏させたらなんて思ってます。






スポンサーサイト



  1. 2008/11/30(日) 19:48:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<シンフォニーホールで荒木氏の作品を | ホーム | うめ先生あやうし>>

コメント

始めまして!

足跡ついでに!
コメントしましたo(〃^▽^〃)o
更新楽しみにしてまーす(。・w・。 )
またみにきますね♪
僕のブログはちょっと病んでるブログなんで
見てて痛いかもです( ̄▽+ ̄*)
  1. 2008/12/01(月) 03:49:28 |
  2. URL |
  3. 銀狼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://opergan.blog113.fc2.com/tb.php/30-aef57c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する