FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

コミケ一日目

 前夜バス。尿意のため二時間寝られず。朝到着と共にネカフェで数時間寝る。

 その後ビックサイトへ。国際展示場駅前の献血バス、キャラポスター付きの特典を付けたせいか、異常に繁盛していた。

 ビックサイトに進む途中姐さん(とりはるさん)と遭遇。本当に失礼なことだが、気持ち悪いと言ってしまった。だって、こんな遭遇どんな確率やねん!

 もっとも、とある方に関してはコミケでよく遭遇するし、前はティアでも遭遇してお互いに異常におもったことがある。

 東へ行き、いろいろな方と挨拶。

 コミケの醍醐味は本や物が買えるというよりは、出会いがあるからだと思う。

 たとえば今回だと、小さいころからファンだった漫画家さんに会えた。思わず目頭が熱くなった。また、もう何年も交流を続けておられる方々(夫婦)が、お子さんと一緒に参加していたり。しかもそのお子さん、ご自身でスペースを取っておられた。この方々と知り合ったときは、まだお子さんは小さくて…お互いに年を取りましたな~と言ってしまった。ちなみに、なぜかお子さんが私のことを知っていた。面識は無いはず…

 あと、とある方の本にサインをしていただいた!これだけでも来た甲斐があったというもの!もうこの方を巡って二度残念なことになっていたので、三度目の正直だった。

 私のオリジナル作品をプロデュースしてくださっておられる方にもご挨拶。私の原案から結構飛躍しそうで、面白そう。この方、クラシック音楽の話の分かる方なので、そういうCDを差し入れする。

 その後少し西により、ある方にご挨拶して、この方もクラシック音楽が分かる方だったのでCD差し入れして、企業ブースへ。無謀にもビジュアルアーツの列に並ぼうと列の最後尾を探す。企業ブースは西の上に展開するホールでやっているが、列はその搬入路となっている地上からの坂道を通り、西ホールの外周にあった。(距離にして1~2キロ?)普段ならここで止めようとするのだが、なぜだが並ぶ。

 数時間並んで、「今日の販売はもう無理なので、ここから後の列の人は解散してくださーい」

 あまりに悔しいので一迅社ブースでぱれっとカレンダーを買う(笑)

 ふと思い出した。

 東である方とお話をさせてもらっている最中、女の人にいきなり話しかけられた。ここの本を買われるのかと思い、身を引こうとしたら。

「アンケートに答えてくださーい」

 は?と思ったが受けてしまった。

 同じような顔の並んでいる人物の集合写真のような絵を見せられ、「男の子一人、女の子一人選んでくださーい」

 …

『どれが男の子でどれが女の子なんだろう』

 適当に二つ指差すと「女の子二人じゃないですかー」

 いや、わからなくて…

 適当にまた指差すと満足したらしく、何かメモを取って去っていった。

 あれは何だったのだろうか?

 ビジュアルアーツで夢や希望を絶たれた私は(笑)そのまま帰路についた。

 帰りにキャラットと平成生まれを買い、ホテルに着いた。

 明日はどう攻めようか。


スポンサーサイト



  1. 2011/12/29(木) 22:24:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コミケ81に起こしの方! | ホーム | 無題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://opergan.blog113.fc2.com/tb.php/146-f7c61fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する