FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

東京交響楽団第587回定期演奏会


 地震がなければ、25日は埼玉で日フィル、26日はサイン会のチケット取りをしてから東響のコンサートという予定でした。

 それが起きてからは、東に行くことすら憚れる思いでした。

 しかし、ただじっとしているのも息が詰まりそうなのと、東響のコンサートが小林研一郎氏に変更になり、プログラムがモーツァルトのレクィエムとベートーヴェンの英雄になったとあって、故郷が被災地となってしまったこの指揮者の思いを聴きたくて、上京しました。

 東京着は25日の夜でした。

 なんとなく、暗かった。

 建物の照明という照明が必要最低限まで落とされているのです。

 こうしてみると、文字通り東京は光り輝く街だったのだと、改めて思いました。

 次の日、コンサートでした。

 会場となるサントリーホールの周辺もエスカレーターが止めてあったり、噴水がなかったりしていました。

 ただホールはいつもと変わらず(もともとコンサートホールというのは暗めですが)ありました。

 私はホールの席に着き、当日買ったまんがぱれっとを読んでいました。やっぱり面白い。逃避と言われるかもしれないが、こうやって漫画を読むのはひと時の懐炉のようなものです。

 開演のアナウンスがありました。最初のプログラムはモーツァルトのレクィエム。これは管弦楽と合唱と4人の独唱者で演奏されます。

 合唱団が入ってきました。男声は普通の黒の礼服ですが、女声は黒のドレスでした。

 続けて入ってきた独唱陣も、女声は黒のドレスでした。

 最後に、指揮者小林氏登場。いつもは変にぴんぴんしているこの方も、今日は沈痛な表情で現れました。

 その指揮者が、まず聴衆に語り掛けました。黙祷をしたいと。

 黙祷をしました。

 コンサートホールで、客席が満席になっていても、全く音のない状態が発生するのは珍しいことではありません。

 ただ今回のそれは、黒く押しつぶされてしまうような緊張感を持っていました。

 その後演奏が始まりましたが、なんというか…

 言葉ではうまく表現できないので、喩えにします。

 クラシック音楽を知っている人なら、戦時下のフルトヴェングラーがこの曲を演奏したらこうなった、という喩えで通じるでしょうか。

 Keyをご存知の方は、AIRの晴子が観鈴を失ったとき、と喩えれば通じるでしょうか。

 神を信ずる方であれば、「この世に神はいない!」と叫んだとき、と喩えれば通じるでしょうか。

 震災というものがこの演奏を導いたのであれば、悲劇にほかなりません。

 モーツァルトのレクィエム、今回はラクリモーザ(その日は涙に暮れる日)で終わりました。

 そして、指揮者が祈りのために拍手なしでお願いしますというアナウンスをし、ラクリモーザだけもう一回演奏されました。

 演奏が終わって、響きが沈黙の中に溶け込んでいき、独唱陣が舞台を去った後、これからは通常のコンサートに戻りますというアナウンスが指揮者からありました。

 休憩。私はぱれっとを取り出し、読みました。

 緩和。

 緊張の緩和。

 マンガや小説などは所詮作り物ですが、だからこそ良い!スターマインの連中がこの音楽を聴くことが無いように。

 後半はベートーヴェンの英雄でした。

 私の価値観を一変させる演奏でした。

 鳥肌とかそんなものじゃない。

 興奮でもない。

 歓喜でもない。

 今これを書いていても、第2楽章の葬送行進曲の山場が頭に響いてはなれない。

 悲劇悲劇悲劇。

 それが大きな渦を巻いて大鎚となり粉々に打ち砕く。

 だから第4楽章が、激しく、逞しく、堂々とした勢いと力強さを持って、今まさに天空に飛翔しようとする鳥のように、観えました。

 この演奏、テレビかラジオかで被災地に届けられなかったものか。

 コンサート終了後、楽団員や指揮者、ソリストが募金箱を持って浄財を募っておられました。

 様々な催し物が、震災に影響を受けております。

 今回のコンサートも、被災地に直接届いたわけではなく、むしろ貴重な電気を使ってしまったという意見もあるでしょう。

 しかし、私がそうですが、こういうときでも普段以上のことをするのは難しいと思います。

 普段私たちがやっていることに、少し要素を加える。これでも良いのではと思います。

 例えば今回のコンサートでは、プログラムの前半を祈りに捧げ、会場で募金活動をしておられました。

 そして、個々人の生活をおくる。それはこの社会の経済をを回し、活気を齎すものでもあります。

 何も特別なことを絶対にする必要はなく、少し、たとえ僅かでも「何か」を行動する。

 多くの少しが活かされたヤシマ作戦を、我々は知っています。

 どうか萎縮しないで、普段の生活をして、少しの力を続ければ、見えている光はもっと輝くことになるのではと、思います。

 最後に。

 小林氏はよく聴衆に語り掛けられますが、ご自身のことは一切話されませんでした。氏はいわき市出身の方なので、何もないわけがありません。

 心境はいかばかりか。








スポンサーサイト



  1. 2011/03/27(日) 11:37:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<震災の話題から離れて | ホーム | 「私たちは最後まで戦う」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://opergan.blog113.fc2.com/tb.php/124-ea0aaa55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する