FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

年越しコンサート 後編

 三枝成彰氏(作曲家 年越しベートーヴェンの立役者)によると、この指揮者が世界で一番最初に一日でベートーヴェン交響曲全曲を振ったそうです。

 この指揮者、経歴も半端ではありません。詳しくは下記URLを御参照ください。(ウィキペディア)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%83%AB

 だが私は蹴りました。

 コミケにフルで行きたかったのと、今年はコバケンが同じ日に渋谷オーチャードホールである東急ジルベスターコンサートに出るということで、そっちに行きました。

 このコンサート、始まりが午後の10時!(誘われるわけないけど)打ち上げに参加しても十分行ける!

 で、行きました。

 行った感想を率直に述べれば、音楽は極上でしたが、構成や企画がハテナマークでした。

 前半後半とあって、後半はテレビ中継が入りました。マーラーの復活の終わると同時に年明けなのですが、そのために最終楽章の合唱が入る所からの演奏。テレビ中継始まりにはロッシーニのウィリアム・テル序曲のスイス軍の行進だけ。緊張しまくっている局アナ。

 まあ最後のは、プロも緊張するとして、指揮者としては演奏し難いだろうなあと思いました。

 それがあったのか、コバケンは「来年は客席で…」と仰ってました。

 音楽的には、コバケンとマゼールは比較するのも馬鹿らしいですが、構成や企画は向こうが勝っていました。

 来年、ベートーヴェンがあるのか。コバケンはどこかのジルベスターで振るのか。来年冬コミにサークルオーパーが受かるのか(笑)。
 
 私だけが今から目を離せません(笑)。

(ここまでお読みいただいた方、物好きですか?)






スポンサーサイト



  1. 2011/01/02(日) 16:03:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<先週の土日 | ホーム | 年越しコンサート 中篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://opergan.blog113.fc2.com/tb.php/109-55ee6414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する