FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

スターマインとベートーヴェンの交響曲

 1番交響曲は潮だろう。この活きの良さは、あの元気いっぱいの潮そのものである。クレンぺラーやベームといった巨匠風の演奏よりは、バーンスタインのような爆発するような演奏が一層に合う。

 2番は繭だ。9曲の中で一番地味かもしれないが、いざという時の魅力と迫力は他を凌ぐこともある。第1楽章コーダなどがその例だ。それに繭は、時折爆発もするし。

 3番は…いろいろ考えあぐねた末に、里梨をもってこよう。この巨きな音楽は、9人の中では彼女のものだろう。英雄の名の如し、群を抜いて男性的でもある。

 4番は叶得であることは述べた。

 5番も…いろいろ考えた末、雪華ではないかと思う。(食い気)以外で低いテンションは短調を想わせる。歓喜に移る後半は食い気はもちろん、以外に積極な行成への思いとしても面白い。

 3番と5番に里梨と雪華をもってくることによって、叶得が際立つ(笑)。

 6番は牧乃!このアマデウスを凌ぐ柔らかで、おおらかな響きは彼女のものである。でも時々牧乃も怒る!それは4楽章が良い味を出している。

 7番は郷!単一のリズムでズンズン迫ってくる様は、ある種5番のリズムよりも恐ろしい。終楽章でそれは爆発し、行成に襲いかかる。しかし最後の最後で2回、みんなにシバかれて落ちる(笑)。

 8番は鈴だ。9つの中で一番小さいともいえる曲、しかし中身は「濃い」。また、雪華とも仲が良いので。

 9番は、もうこうなると当然志染だろう。音楽の中の音楽、人類の歴史に燦然と輝くシンフォニーは志染こそふさわしい。



 …風見を、9番に据えるのはなあ…と思っていたら志染が出てきた。
 こうなると風見は…交響曲ではないが「合唱幻想曲」なんかどうかと思う。
 ベートーヴェンの「傑作の森」の中のオールマイティな曲。ピアノ曲、管弦楽曲、合唱曲の要素を取り入れた、後の第9にも繋がったと言われる曲である。
 ただ、そのオールマイティが故に編成がちょっと特殊で、演奏機会が少ない。
 いや決して、風見が他のメンバーに比して出番が少ないとか思ってはいないのだが、他が変に個性豊かなせいか…
 
 因みに、七海は、ベートーヴェン唯一の歌劇「フィデリオ」かなと思う。音楽も物語も「まっとう」なのは。そしてその中身の充実は、現在まで上演され続けている「ドイツ・オペラ」の生き残りをして示す。残念ながら交響曲ほど多く演奏されないのも、いかにも七海らしい。

[スターマインとベートーヴェンの交響曲]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 02:02:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

スターマイン総選挙

 先月号(2013年2月)のまんが4コマぱれっと(一迅社)にて、同誌で連載されている「スターマイン」のベストエピソードを選ぶ企画が行われた。(スターマイン総選挙)

 スターマインが連載されてから50話を迎えるにあたって行われた企画で、スターマイン50話の中からベスト3を選ぶものである。

 私は、一番最初の話、七海が陸田家に泊まる話、行成と志染がバイト先で鉢合う話の1回目を多少苦慮しながら選んだ。

 一番最初の話は、この物語が地上に現れた話として外せない。流れ星に「彼女が欲しい!」と叫んだ行成の許に9人もの彼女(+α)が押し掛けてくるという者である。似たような話は昔からあったろうが、9人?面白く感じたが、うまくやっていけるのかこのマンガと思ったが、それは良い方に裏切られている。

 私はもちろん例の9人(+α)も大好きだが、勝るとも劣らぬ勢いで七海が好きだ。だから、彼女が輝く数少ない話である、彼女が陸田家に泊る話は外せなかった。七海がどれだけ行成を意識し、尊く思っているかよくわかる。それより、こんな子が近くに、それもずいぶん前からいるのに流れ星に向かって彼女が欲しいとかぬかした行成は理解し難い。また、この話では行成と9人と志染が、何の抵抗も、違和感も無く七海を「陸田家」に迎えているのも、見ていて楽しい。その陸田家の慣習などにいちいち驚き、叶得に報告する七海もまた、見ていて楽しい。9人と七海はライバルになるのだろう、しかし、決して争うことはないのではないだろうか。

 最後に選んだのは、行成と志染がバイト先で鉢合わせた1回目の話である。私は行成を理解し難いと書いたが、基本的には好きである。青春時代に同世代の異性と同居、行成の場合はそれが9人!(+αも含めるか?)健康な男子なら、どうにかなってしまっても不思議はないと思う。また、最悪、良くないエロゲーのような展開へと発展しても止むえずである。それを行成は立派に律しているのである。よく頑張っているのである。強いとか、逞しいとかとはまた別の、それでいて最も大切な「漢らしさ」である。そして、それを受け、十分に理解している志染も良い。だから志染さん、あまり奴をからかわないでください(笑)。

 このように3つ、私は選んだが、泣く泣く切った話がある。それは叶得と行成が水族館に行った話である。
 この話、ネタバレになりそうなので細かい記述はさけるが、叶得の心をお土産で見事に表現したストロマ氏には拍手喝采を贈りたい。バッハの後期のフーガを聴いているような、匠の技であった。ただこれはともすれば、スターマインよりもストロマ氏を読む話になりそうだったので、泣く泣く外したのである。

 しかしこの叶得は、ツンデレという武器を持っていながら、あの9人+αの中ではあまり目立っていないように思う。他の個性が強すぎるのだろうが。ベートーヴェンの第4交響曲を想う。シューマンが「2人の北欧神話の巨人の間にはさまれたギリシアの乙女」とこの曲を譬えた。叶得を「ギリシャの乙女」は言い過ぎかもしれないが(笑)。でも2楽章や4楽章の引いて押すような感じはツンデレっぽいかもしれない。

 次回のブログは、これにならって、スターマインの例の9人をベートーヴェンの交響曲に譬えてみたいと思う。


  1. 2013/01/25(金) 00:04:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年

 皆様、あけましておめでとうございます。

 謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 今年が皆様にとって幸多い年であることをお祈り申し上げます。


 
  1. 2013/01/01(火) 16:36:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する