FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

コーラス

 さっき、ホテル近くの店に「日常」のエンディング合唱曲集があったので買ってきた。

 アニメ「日常」の2クール目、エンディングの歌がポピュラー(?)な合唱曲や唱歌になっていた。

 このこと、誰が企画したのかしらないが、実にセンスがよかったと思う。

 いわゆる「アニメ声」での音楽、それもクラシックや合唱曲なんかはどうだろうかと思っていた。

 しかし数年前、クラシックの合唱曲を初音一族に歌わせた動画を見て「これはすばらしい」と思った。

 初音一族のマタイ、ロ短調、シューベルトどれもすばらしい!

 萌えが数百年来の芸術と融合したのである。

 広く考えれば、それを肉声で行ったのが日常のエンディングであろう。



 実は私は、アマチュアの合唱団に入っていた。

 私と合唱の付き合いは、私が小学生だったころに遡る。

 私はそのころ、音楽の授業などが嫌いであった。リコーダーやピアニカ(知ってる?)オルガンなど運指が全くできなかったのだ。音楽の授業は苦痛であった。

 しかし当時の担任が、何を思ったのが私を合唱部に誘ったのだ。

 当時の合唱部は男などいない。みんな女子ばっかりである。躊躇していたのだが、そのとき仲良くしていたやつ(男)が入ると言い出し、私も入った。

 それをきっかけに、合唱を始めるようになった。

 よくある年末のベートーヴェンの第9、何回歌ったろうか。おかげで、明日歌えと言われても数時間発声練習をさせてくれれば、多分歌える。

 でその、ベートーヴェンの合唱の練習会場で、アマチュアの合唱団の人に誘われ、入ったのである。

 はっきり言って、とても楽なものではなかった。入団テストなどは無かったが、基本的なスキルとして「楽譜が読める」ということを実質的に求められた。当然私は読めない。ついていくのがやっとである。

 それでも何回か舞台に出していただいた。ヘンデルのメサイヤとかの有名な曲があれば、その合唱団のために作曲された曲というようなマイナーな曲までやっていた。

 驚くべきことに、私が同人に染まってからも続いていた。同人イベント(まこけっと)と合唱の定期演奏会の日が重なり、合唱を取ったこともあった。

 しかしさすがに両立は難しくなり、合唱を切った次第である。

 だから「日常」で合唱を聴いたとき、皆さんが感じているのとは異なった感慨が浮かんできた。

 また合唱団に入ろうかと思うこともある。

 また第9を歌おうかと思うこともある。

 しかし私は、自分の快楽もいいが、その前に成さねばならぬことがある。



 ちなみに、私はクラシック音楽好きであるが、昔はあまりコンサートに行かなかった。

 それを変えたのが、合唱団のリーダーの言葉だった。

 当時私はすでに1千枚のCDを保有していて、そのことが話題に上ったことがあった。その際にリーダーは、それだけ録音を持っているのなら、今度はコンサートに行きなさいということを私に言ったのだ。

 私はそれならばと、大阪で当時存命だった朝比奈氏のベートーヴェンを聴きに行ったのである。

 その演目はベートーヴェンの1番3番交響曲。このときのエロイカを超える演奏は、いまだに出会ってない。










 
スポンサーサイト



  1. 2012/01/15(日) 00:29:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 NHKホールでエリシュカのコンサート。

 スメタナ「ワレンシュタインの陣営」ヤナーチェク「シンフォニエッタ」ドヴォルザーク「交響曲第6番」

 白眉はシンフォニエッタか。しかしこの指揮者、外見に似合わず攻撃的。

 (席が悪かったか?)

 ドヴォルザークの6番交響曲はひだまりスケッチにも似た喜びと暖かさを持っている曲ですが、今回はそれに少々クーベリック的な攻撃性が加わった感じ。

 録音では、ひだまりスケッチ的な響きということを叶えているのがカレル・シェイナがチェコフィルを振ったのもの。私の持っている6番交響曲で最高の録音。ただしこれは録音がモノラルの上、明らかな編集点が聴き取れてしまい、そこが少しだけマイナス。

 録音とひだまりスケッチに重きを置くと、チョン・ミュンフンがウィーンフィルを振ったもの。指揮者は特に言うことはないが、とにかくオーケストラの響きが美しい。これにシェイナの暖かさが加われば完璧。

 クーベリック型となると、やはりクーベリックが振ったもの、ただしバイエルン放送響とのライヴ。ひだまりはどこかに行ってしまったが、これはこれでチェコ的な音楽。

 しかし、あの3曲。金管が目立つ。うらバンの冬実やコハル、萌葱なんかが大活躍する。(特にワレンシュタインはチューバがバリバリ)

 終演後、ホテルに行く前に酒屋に寄る。

 最近、とある方の影響でワインを飲んでいる。

 私は酒と意識して飲んだ初めての酒がワインである。昔はよく飲んだものだが、それでわかったのは私にワインの味はよくわからんということ。

 ドイツ産をよく飲むが、これも他より飲みやすいというだけ。

 ただ、ドイツ産のワインをある程度置いている店というのは、少ない。

 今日買ったのもシュヴァルツ・カッツというどこにでもあるメジャーなドイツワインである。

 今飲んでいるが、さすがに飲みやすい。芳醇な甘さが飲んだ後も鼻を通り抜ける。

 一応、ミゲルトーレスというチリのワインと、ミティークというフランスのワインを買った。

 うまいだろうか。









 
  1. 2012/01/14(土) 23:44:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三日目

 朝二ぐらいで起床。

 チェックアウトを済ませ、駅に向かう。コミケでは使わないものをロッカーに入れ、電車に乗る。

 東京の電車の液晶広告は面白い。関西もあるが質は劣る。「ラジオ体操って、元は○○○○の会社が作った。←○に入る国名を答えよ」こんなクイズがあった。

 よく家に着くまでがコミケとか言うが、逆に言えば家を出てからコミケが始まる。だからやたらと走らない方がいい、地元の駅や道路でも。朝何時に起きたかどうかで会場入りできる時間は決まる。だから駅などで走っても無駄なのだ。怪我をする確立が増えるだけである。

 ビックサイト、正面から堂々と入る(笑)。

 サークル「ヨッシー工房(新)」のスペースへ。チラシを片し折りたたみの椅子を広げてから主をお待ちする。

 せっかくなので、サークルチェックをしてみる。サークルチェックをして何が辛いかと言うと、行きたかったサークルさんが一日目や二日目の参加だったということだ。これ以上落胆したくないのでチェックをやめる。

 主が到着されたので、一緒に店開き。しかし、何かうろうろしている連中が多い。

 主の随伴としてサークルの方々へ挨拶に向かう。

 その中で、みなもと太郎氏のサークルへ向かう。以前から我が主をご紹介申し上げたかった人物である。

 幸いにも、私のことをご記憶されておられ、スムーズにご紹介ができた。

 やはりご自身の若いころを主と重ね合わせておられるのだろう。年齢や、キャリアや、賄っていけているかどうかお尋ねになられていた。

 私は目頭が熱くなった。

 そして開場。さすが開場一番で飛び込んでくる方もおられた。私は脇で頭を下げているだけの、きわめて役立たずであった。

 その後、主の師匠佐渡川氏をはじめとして名だたる漫画家の方々がスペースに来られた。

 …(もしここで、大声で、この方々が来られてるよー!なんて言ったら…やめとこ、混乱する)

 私はスペースの脇に立っていたり、主のお使いとして挨拶周りをしたり、また自分のほしい本を買っていた。

 中では私のブログを見ておられる方もあり、感激した。

 主のスペースにもどったが、相変わらず凄い人だかり。たまたま脇の通路が広く、かつそんなには混んでいなかったので大きな混乱にはなっていなかった。

 主のスペースの横に貼ってあったスペース番号を知らせるものも見えなくなっており、なら私がと私はそれを自分に貼った。

 結構好評で、お礼を言ってくださる方や、私に道案内を訊いてくる人もあった。

 そんな中、一人のスタッフが私に静かに近づいてきた。いよいよこの人だかりが注意されると、私は思った。スタッフはにこやかに私に耳打ちした。

「それ、剥がさないでください」

 私は自分に貼っていたスペース番号を知らせるものを元の位置に貼り直した。

 このように私は結構ボケる。

 閉会後打ち上げして、でそれが終わって主とお別れしてから年越しコンサートの開場に飛び込む。

 終了後、家内の実家へ。

 挨拶を済ませたあと地元の神社へ初詣。凄い人だかりで、コミケ級で参拝の列に並んだ。

 その後家内の友人の町にあるホテルへ。(今ここ)
  1. 2012/01/01(日) 21:22:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二日目

 朝一でビックサイトへ。

 やぐら橋はだめだったが、いい位置の待機列をキープ。確定後散歩する。

 開場前、列の位置が移動。西ホールと企業ブースに分かれるが、西の列を見て唖然とする。

 企業は昨日大変面白いことになったビジュアルアーツへ。何とか搬入路坂の一番上に並ぶ。

 ここで開場。しばらくは列はぴくりともしない。

 そのなかでも次から次へと完売の声が飛ぶ。

 何とか目的のものを手に入れ、西ホールへ移動する。

 西ホールで目的のサークルが見つからず。調べた結果西と東を間違えた模様。東へ。

 西アトリウムを仰ぎ見る。いつかここで、ピー(内緒にしたいので信号音)をやってみせる。

 献血に結構な数の人が。ポスター効果か。

 意外に東にスムーズに行け、そのまま目的のサークルへ。

 藤島氏、都桜氏のサークルへ行く。都桜氏には例のものを渡す。

 そのあとだあうえ氏と姐さんのサークルへ行く。

 姐さんから見せられたものに、ついに郵便も萌えを採用したかと驚く。

 その後閉会まで休んだりして過ごす。

 閉会後はチームだあうえで少し打ち上げ。みな明日があるのでほどほどに飲む。

 私は数え切れないほどの粗相をし、また今もしでかしているのに、この方々は前と変わらずお付き合いをしていただき、また、励ましの言葉や、時には耳の痛いアドバイスもしてくださる。

 私は、少なくともこの面に関しては、本当に幸福で果報者なんだと思った。

 ありがたいことである。

 しかし今日は、久々に一般の朝一でフルだったが、結構やれた。まだ若いのかしら(笑)。

 しかし、コミケにはコミケのスタッフ、警備員、警官などが本当に多い。一つの横断歩道を守るにも必ず数人でかかり、隙がない。

 コミケの警備は、もちろん参加者全ての自覚によるものも大きいのだが、安全面に人力を投資することを惜しまないところが特筆するところなのだろう。

 昨今のイベント(歌手の野外演奏とか、町内会の祭りとか)では、この不況という条件もあるのだが、少しでも安く抑えるために人力を削りがちである。そしてそれは安全面も例外ではない。さらには参加している人の意識(客意識)もあって、大イベントは、いや小さなイベントでも、巨大な事故が起きる可能性がどんどん大きくなっていると思う。

 帰ホテル後、これまでの戦利品と不要物を梱包し、実家に送る。

 
  1. 2012/01/01(日) 21:20:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

賀正

 年が明けました。お喜び申し上げます。

 本年もこの愚鈍をよろしくお願い申し上げます。

 今年の目標。

「けいおんがロンドンなら、うらバンはウィーンだ」

 いやこれ目標ではないだロ(嘲笑)

  1. 2012/01/01(日) 21:18:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する