FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

先週の土日

 土曜、早めに起きて身支度をし、家をでる。大阪で友人とサンドウィッチマンのライヴを見に行くためである。

 私はサンドウィッチマンが好きで、単独ライヴには足を運ぶようにしている。昨年からは全国ツアーを行っているようで、これは有難い。できれば全会場を行脚したいのだが、何分金も暇もない。それでも東京と仙台のライヴには生きたいのだが、しかたない。

 友人と大阪の某駅で待ち合わせ。曇り空だろうからか、そいつは傘を持っていた。だが私は、友人に傘はいらないだろうと言ってやった。

 会場近くで、そこにいた女性がライヴのチケット余っていないかと私たちに突然尋ねてきた。私は○○○でと言おうとしたが、友人にどつかれる。

 会場はほぼ満席だった。「ほぼ」と書いたのは、空席もあったからだ。外の女性を気にかけた。

 ライヴは当然面白い。ご本人方は笑いの聖地である大阪で単独を行う緊張のようなものがあったらしいが、ネタはもちろん、客いじりなどのアドリブも面白い。

 M1優勝がなければこうならなかったと仰って、その感謝を述べられていたが、その優勝後もこうして新しいネタが楽しめるのは有難い。

 M1後にオードリーはテレビ露出が増えたが、彼らのネタはどうなっているのだろうか。私はオードリーも好きなので、そこが気になる。

 終演後グッズなどを資金不足のため諦め、外に出る。

 外は全部濡れていた。相当な雨が降ったようだった。傘が要っただろうという友人と結果として要らなかったという私で話しながら歩いて行き、某居酒屋に入る。

 私の数少ない友人である彼は、私より自分に正直に生きている。羨ましく、また、頼もしくも見える。彼に言わせれば私は勝ち組らしいが、私は自分に嘘をつき、そこから逃げ出したに過ぎない。今、その責めを自分から受けている。

 飲んだあとカラオケに行く。余談だが、私はカラオケを殆ど歌わない人種だった。今は宴会などで少々歌うが、率先してカラオケに行くという事はあまり無い。そのあまり無いのが彼と行くカラオケである。

 ノッた私は結構歌う(笑)。それこそマイクなしで歌う事もある。歌う曲は、意外と思われるだろうが槇原やTOKIO、福山などである。Keyの歌は、女性の歌なので遠慮しているが、こいつと歌うときは歌う(笑)。キーを下げて歌うが、様にならない(笑)。

 3時間ほど歌い、友人と別れてホテルに向かった。

 着いたホテルは初めて泊るところで、サイトの画像だけを見れば良いように見えた。駅から一分の雑居ビルの…え?雑居ビル?私はここでそれに気付いた。

 とにかく行ってみた。ロビーは都会的なビジネスホテルである。受付も良く、そういう点では全く問題はなかった。問題、と言うかびっくりしたのである。個室にはベットとテレビとLANケーブル、トイレとバスは共同。ここまでは良い。

 各部屋に扉がないのである。

 間仕切りとしてアコーディオン状のカーテンがあるのみで、鍵がかからない。このカーテンもぴったりと上下左右を密閉するものではない。つまり、中の音がだだ漏れになるのである。

 よくよく見ると、雑居ビルのある階のスペースを、エレベーターと水道類を残したまま空っぽにし、そこにコンテナ状の「部屋」をいくつも置いたという感じである。

 鍵がかけられす音がだだ漏れには驚いたが、それ以外はどうということないし、あまり快適でも困る。ある程度不快な方がさっさと出て行きやすい。

 ホテルから借りたパソコンで最終チェックをし、寝た。

 翌朝は5時にホテルを出、インテクッス大阪に向かった。コミックトレジャーに行くためである。最近はコミケでもこんな朝早く出ることはない。少々気合いを入れるためにも、早出をした。

 早朝の会場近くは風が大暴れしており、木々や街灯などあらゆるものが悲鳴を上げていた。仲間はたくさん居たが、やはり悲鳴を上げている。

 寒冷地向けの体格をしている私は少々の寒さはどうということはない。この日も、鼻から出る息は白くならなかったので、極寒とは言えなかった。だが暴風のせいだろう。異様に寒く感じた。着ているものはシャツと上着の2枚。特に防寒グッズなどは用意していなかった。こういうとき、自販機のあったかい飲み物がよく利く。買うが、飲まず、ただ懐に入れるのである。即席のカイロである。

 そうこうしているうちに日が昇り始め、インテックス大阪が開いた。会場の中にある、多少は雨風を凌げる所に移ることができた。

 待機列ができたら、結構緩く行動できる。会場内にある売店に行く者もあれば、トイレに行ったり、横になって眠る者もいる。

 私は音楽を聴きながら「フィルハーモニーの情景」という、今は故人の岩城宏之という指揮者の本を読んでいた。

 以前から興味のあった本だが、先日幸手市に行った際にそこの本屋で安く売っていたのを買ったものである。岩城氏個人のことや、戦後日本クラシック音楽界の様子、オーケストラやコンサートを支える裏方のことなど、目から鱗が出る思いで読んだ。またウィーンフィルなど海外のオーケストラに及ぶ部分もある。先日小澤征爾氏がウィーンフィルの名誉団員に選ばれたが、その小澤氏より先にウィーンフィル定期演奏会の指揮台に立ったのは岩城氏である。

 音楽はフルトヴェングラーの運命なんかを聴いていた。モノラル録音だが、イヤホンなんかで聴くモノラル録音は面白い。頭の中にコンサートホールがあり、そこで演奏されている錯覚をうける。

 そうこうしているうちに即売会が始まった。お目当てのサークルを巡るのは良いとして、開場いきなり完売のサークルもあった。やりきれないものである。また凄いミスで赤っ恥をかいた。同人イベントでのミスは三代祟ると思う。冬の際に行けなかったサークルさん等にもお会いできた。また小規模ではあるが、企業の出展やコスプレスペースもあった。このイベント、大げさに言えば、物凄い縮小版のコミケである。

 今回、某サークルさんにお会いできた。というよりは、これがそのイベントに参加した目的と言って差しさわりない。早起きや耐寒などいろいろあったが、感無量というものである。年相応の行動を心がけているが、それも忘れかなりはしゃいでいたように思う。

 会場の外にあるカフェのセットで休憩していると、隣にいくつもの紙袋を持った集団が来た。こういうところもコミケそっくりである。彼らはどうも、イベントのみの付き合いであるようだ。物とお金を交換しあっていた。そのうちに、彼らが増え、私の居るテーブルにまで及んできたので、私は退散した。

 それから帰路についたわけだが、雪の影響でJRが混乱していた。日曜日の大阪は風華が見られる程度だったが、ほかは酷かったようだ。ツイッターは雪や寒さの実況となっていた。駅に着く特急列車は、みな雪が車体にこびりついていた。地元に帰っても、雪が積もっており、そのうえまだ雪が降っていた。

 大阪のイベントに一般参加というのは久しぶりだった。今後、昔のように大阪のイベントにも足を運び、サークル参加をしなくてはと感じた。

 イベントに参加された方々、お疲れさまでした。




スポンサーサイト
  1. 2011/01/23(日) 09:46:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年越しコンサート 後編

 三枝成彰氏(作曲家 年越しベートーヴェンの立役者)によると、この指揮者が世界で一番最初に一日でベートーヴェン交響曲全曲を振ったそうです。

 この指揮者、経歴も半端ではありません。詳しくは下記URLを御参照ください。(ウィキペディア)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%83%AB

 だが私は蹴りました。

 コミケにフルで行きたかったのと、今年はコバケンが同じ日に渋谷オーチャードホールである東急ジルベスターコンサートに出るということで、そっちに行きました。

 このコンサート、始まりが午後の10時!(誘われるわけないけど)打ち上げに参加しても十分行ける!

 で、行きました。

 行った感想を率直に述べれば、音楽は極上でしたが、構成や企画がハテナマークでした。

 前半後半とあって、後半はテレビ中継が入りました。マーラーの復活の終わると同時に年明けなのですが、そのために最終楽章の合唱が入る所からの演奏。テレビ中継始まりにはロッシーニのウィリアム・テル序曲のスイス軍の行進だけ。緊張しまくっている局アナ。

 まあ最後のは、プロも緊張するとして、指揮者としては演奏し難いだろうなあと思いました。

 それがあったのか、コバケンは「来年は客席で…」と仰ってました。

 音楽的には、コバケンとマゼールは比較するのも馬鹿らしいですが、構成や企画は向こうが勝っていました。

 来年、ベートーヴェンがあるのか。コバケンはどこかのジルベスターで振るのか。来年冬コミにサークルオーパーが受かるのか(笑)。
 
 私だけが今から目を離せません(笑)。

(ここまでお読みいただいた方、物好きですか?)






  1. 2011/01/02(日) 16:03:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年越しコンサート 中篇

 で、年越しコンサートに味をしめた私は、次の年も行きました。

 この年からコバケン(小林氏の愛称)全振り!4年ぐらい続きましたか?

 私が初めて聴くコバケンのベートーヴェンの交響曲達です。1番や2番、4番と8番!で「英雄」で「田園」!ごつい贅沢でしたね。

 コバケンは昔、ハンガリー国立交響楽団(現ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団)を起用してベートーヴェンの全交響曲を録音したらしいのですが、お蔵入りになっています。

 この一連の演奏を聴く限りでは、なんでそうなったのかわかりません。

 ちなみに、6番も日本フィルハーモニー交響楽団と録音していますが、ある例外を除いて流通していません。

 で、コンサートに話を戻して…このコンサートは午後の早い時間から始まるので、コミケには、行かないか午前で退却という憂き目になってしまいます…

 で、今年!なんと年越しベートーヴェンに元祖のロリン・マゼール氏が登場!

(続く)(誰も読んでねーよ)


  1. 2011/01/02(日) 16:01:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年越しコンサート 前編

 コミケが31日もやるようになったとき、そのついでで年越しコンサートに行くようになりました。

 一番最初に行ったのは、一日でベートーヴェン交響曲を全曲演るというもの。
 
 その年に昨年まで行っていた御大岩城氏が亡くなり、その後を9人の指揮者が引き継いだというものです。

 私の目当ては小林研一郎氏のベートーヴェン7番!初聴きでした。

 日中はコミケに行っていたので、途中6番から会場に行きました。

 6番は秋山氏、すっごく、とにかく過ぎたほど高級感のある、上質な田園でした。

 お目当ての7番!良かった!朝比奈隆氏がドイツ的とするなら、熱のある推進力が溢れる演奏!

 終わってからカーテンコールに小林氏が答え、それにオーケストラも応じ、起立する。

 何回も続くもんだからコンマスの篠崎氏が「えー?またあ?」ってな顔でオケを起立させる。おもろいやり取りでした。

 8番はジャン・ピエール=ヴァレーズ氏、だかわからない!すみません!寝てました…

 9番は外山氏。この人も凄い。私は何人かの指揮で第9を歌ったことがありますが(そんなに威張ることじゃない)、小林氏と外山氏がツートップでした。

 朝比奈氏をドイツ的、小林氏を情熱とするなら、外山氏は「外山型」!

 自分のスタイルを突き通し、かつ悪い演奏になっていない、この人も凄い指揮者です。

 これがはじめての年越しコンサートでした。

(続く)(長げえよ)




  1. 2011/01/02(日) 16:00:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コミケの誘惑

 コミケに行って、衝動買いをする人の数は少なくないだろう。

 自分の目当てのジャンルはもちろん、そうでないジャンルも立ち寄ったが最後、何点か購入してしまうものだ。

 私の場合、それを刺激するのは評論の分野である。

 コミケ三日目は成人向けジャンルの隣に評論が来るので(笑)自然自然と立ち寄るようになる。

 例えば、「ベルリン空輸作戦前編」を買ったことがある。これは東側がベルリン封鎖をした際に…省略します。(笑)

 また、「鉄道工作機械 マルチプルタイタンパー編」なんてものある。これは、鉄道はバラストの上に枕木とレールを敷いて…省略し(略)

 さらには「ランズエンド」というのもある。これは(略)

 今回買ったのは、「津山事件の真実」というものである。これはWWⅡの最中日本で起こった、大量殺人事件の本である。
 
 なんで私がこれに惹かれるかは本当に省略するが、パッと目に留まったあと若干の躊躇とサークルの方の会話を通して、結局買った。

 価格3,900円!高いなあと言いながら買ってしまった。

 ちょっとした辞書ぐらいの厚さの本で、三分の一ほど読んだが高いだけはある!

 本というものが、自分を思考に導いてくれるものを最高とするならば、間違いなくこの本は最高である。

 しかし、この値段では印刷代ぐらいしか出てないのではないかと思う。

 私も内容はともかく、これぐらいの厚さの本は、印刷屋に発注して数点作ったことがある(CLANNAD小説の「コンサート」とか)が、元を取るだけでもこういう金額になる。

 もっとも、私はその値段では絶対に売れねえと思い、この値段なら自分は買う、という値段で売っている。

 3,900円は著者の自信の表れかもしれない。

 でも、この本はその価値は十分にある。

 ちょっと校正を施せば市販本にできるのにな~とも思っている。

 次回コミケ、もし参加するのなら、もう評論ジャンルに行くのはやめよう(笑)。



  1. 2011/01/02(日) 14:33:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨年の冬コミ

 昨年、一昨年には行かなかった冬コミに行った。2年ぶりである。

 いつもと違ったのは、あまり疲れなかったことである。心身ともに充実して3日間を過ごした。

 1日目は売り子をしていたので、そう疲れはないと思えるが、2日目3日目、特に3日目はコミケらしいコミケだったので、普段の私ならだるくなっているはずである。

 これ偏に、目的、というか使命を持って動いていたからではないかと思う。

 ただ漫然と動くよりは、何か役割を決められ、それに向かって邁進するのが私のベストなのだろう。

 最近のコミケは、サークルが受からない(3年目突入)こともあって、なんとなく参加していたフシがあった。

 お金と時間を使って、ただ疲れるのを喜ぶほど、私はMではない。

 これからは目的や使命が無ければ行かないことにしてみようと思う。



  1. 2011/01/02(日) 14:29:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます。


 皆様

 あけましておめでとうございます。この新しい年が皆様に幸をもたらさんことをお祈りします。

 昨年冬コミにおいて、サークル「ヨッシー工房」の吉谷様の使いとなって様々なサークル様を巡らせていただきました。

 その際にいただいたものとエールは吉谷様にお送りしております。

 ありがとうございました。


  1. 2011/01/02(日) 02:39:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する