FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

また、世界が

『裸の銃(ガン)を持つ男』レスリー・ニールセンさん肺炎による合併症で死去 享年84歳
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101129-00000021-flix-movi

 私は映画をあまり見ない。

 接する機会が少ないというのもあるが、なんとなく自分に合わないのだろう。

 しかし何事にも例外はあるもので、コメディ映画は小さいころからよく見ていた。

 ピンクパンサーや、ポリス・アカデミー、そして裸の銃シリーズだった。

 シリーズで3作出たが、初見の時は腹が痛くなるほど笑ったものだ。

 そして当然、主役のドレビンこと、レスリー・ニールセンを好きになる。

 裸の銃一作目のときにすでに50歳を過ぎていたにもかかわらず、文字通り体当たりでギャグにぶつかっていた。

 で、そのルーツをしりたく、フライング・ハイやフライング・コップにも手を出した。

 笑える笑える(笑)(爆)(激)。

 フライング・ハイからの一シーン。

-------------------------------------------------

 場所は航行中の飛行機の中、急に気分が悪くなった客がアテンダントに助けを求める。

『すみません!お役様の中にお医者様はいらっしゃいますか?』
 
 呼びかけながら客席を周る。

『!』
 
 ニールセン登場。

『すみません、お客様が急に気分を悪くされました。恐れ入りますが一緒に来ていただけますか?』

 ニールセン、訝しげに言う。

『なぜ私が医者だと?』

 その首には聴診器がかけてあった。

-------------------------------------------------

 これだけのことなのだが、聴診器というとぼけたアイテムと、ニールセンの冷静沈着な演技に大笑いしたものだった。

 ニールセンは、見た目かっこいい、ダンディラスなジェントルマンに見える。(実際にはそうだったろう。)ニールセンはそれを最大限に活かしたボケ方をするから始末に悪い。日本で志村けんと共演したときもそうだった。志村にしてみれば、難しい相手だったと思う。

 訃報に接し、またフライング・コップを観たが、やはり笑える。ベートーヴェンなどと同じように、良質の作品に年月は関係ないのである。

 しかし、これでまた世界がつまらなくなった。

 また、私の死んでからの楽しみが増えた。

 その時の為にも、ご冥福をお祈りします。

(敬称略)

 










スポンサーサイト



  1. 2010/11/30(火) 00:51:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海老さん

海老蔵「おれは人間国宝だ」酒グセの悪い!衝撃の素顔
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/101126/tnr1011262104018-n1.htm

 以前、はねトびにこの人がダイタイソーのコーナーに出てた。

 中々いい態度で好きにはなれなかったが、さすが目利きは確かなようで高額商品をみごとにかわしていた。

 酒癖が悪いということは、普段の生活がかなりのストレスを生じさせていると思われる。

 日常で晴らせない『ウサ』を酒で晴らしているのだろう。

 私がはねトびで見たスカした態度の裏は、ひどく繊細なものだったのかもしれない。





  1. 2010/11/29(月) 01:53:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふおんコネクトの同志たちよ!

 ぼーっとしていたら、ふおんコネクトで一つ話を思いついた。

 ふおんの話である。

 ふおんの組成については、単行本などで断片的には明かされているが、私はそれとは違う方向になろう。

 しかしふおんコネクトはありがたい。

 何故なら、こんなにも我らに『5コマ目』を思い起こさせてくれる。

 さあ同志たちよ、作者は筆を置き我らに託された。

 願わくばこの物語が永久に語られんように、書き伝えようではないか!




  1. 2010/11/28(日) 23:09:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとうございました。


 先日行われたよんこま文化祭において、当サークルの本を買ってくださった方々、またそうではないにしても立ち寄っていただいた方々、本当にありがとうございました。

 また、参加されたスタッフ、一般参加の方々、お疲れさまでした。

 大阪で行われたよんこま小町の在庫整理の目的で参加しましたが、結果逆に増えてしまいました。(笑)

 さて、いろいろ驚くことがありました。
 今回新刊として「もし、ふおんコネクトの連中がモーツァルト作曲歌劇「魔笛」の実相字昭雄演出版を観たら」という本を出しました。狙いがあまりにもマニアックかと思いましたが、お一人!お一人実相寺版のネタがわかる方がおられました。驚きです。

 久々に会う方も多かったです。最近は東京のイベントには参加していないことが多く、ほぼ唯一のコミケもここ2年ほどは落選の憂き目にあっております。長く東京で出なかったなあと、己のことながら驚きました。

 そして、とある方から実に素晴らしい差し入れをいただきました。所謂萌え酒というやつで、箱入り!有難いという感謝の気持ちよりも先に、私には過分という申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。ありがとうございました。

 こういうものをいただき、翻って内省しました。

 この世に生きとし生けるものは全て、何らかの意味や役割を持っています。植物や動物は言わずもがな、社会的に必要ないとされている人ですら、何らかの意味を持って生き又は生かされているのだと、私は思っています。

 私の場合はどうでしょう。私がこの世に引っかからせてもらい、ここでこのようなことをしているのは何故だろうと考えました。

 結局、その明確な答えはわかりませんでした。

 ただ、私は、死にたがりのくせに碌に縊れもせずのうのうと生きているのは、チキンな自分の弱さもありますが、報恩にほかなりません。

 それは私の周りの全てのものに対してなのですが、一番大きい、というよりはその100パーセント近くを占めるのは、同人などの交わりから生じたものです。

 元々、同人を始めた動機はKeyに対して報いることでした。その活動を続けるうちに、その範囲が拡がっていったのです。
 
 私の本を買ってくださった方々、何処かでお見かけになった際にはご挨拶をしてくださる方々、私のことを覚えていただいている方々、何かの集まりの際にはお声をかけてくださる方々、一緒に酒を飲んでくださる方々(これに関しては猛省せねばならないのですが)、素晴らしい作品を私に与えてくださった方々。

 そして、拙作に「絵」をくださった方々です。

 私は、例えば神から与えられた、生かされている意味や役割などよりも先に、これらの方々や事象に報い、忠せねばならないのです。

 うれしいこと、たのしいこと、ありがたいことに対して礼をするのは、当たり前のことです。そしてそれに対し忠義を守ることもまた然りです。

 しかし、最近の私はどうでしょうか。昨今は、イベントの数が減ったとはいえ、Key系のイベントに出なくなってしまいました。なら別ジャンルはどうかというと、これもまた出ていない状態が続いています。

 ではモノを書いているのかとなれば、小説専門のHPをたちあげたものの、最近はすっかり更新が滞っております。

 何をしているのか。

 不義不忠忘恩の極みであり、犬畜生にも劣るものです。
 
 自分の成すべきことを果たすよう、自らを改めねばなりません。

 そしてそれが成ったとき私は、安心して死ぬことができるでしょう。








 
  1. 2010/11/22(月) 21:20:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/21に東京は大田区のPioで行われる「よんこま文化祭」にサークル参加します

 先日行われた「よんこま小町」における在庫を解消するため(虐)、11月21日東京は大田区Pioである「よんこま文化祭」にサークル参加します。(↓HP)
http://fest.yonkoma.info/index.html

 コミケには落ちたので、これが今年最後のイベントとなります。

 スペースは「い10」です。

 出し物はよんこま小町と大きく変わっていませんが、一つ新作を追加します。

 「ふおんコネクト」で、「もし、ふおんコネクトの連中がモーツァルト作曲の歌劇『魔笛』の実相寺昭雄演出版を観たら」です。

 私の趣味丸出しです。だから売れないんだってばwww。予価200円です。赤字です。(虐)

 一応、小町の時に出したものを再掲します。

 「『ふおんコネクト!』に係る三つの小説」
 HPなどで公開していたもの2作品と、初公開の1作です。100円です。

 「『スターマイン』に係る二つの小説」
 HPで公開していたものを輔弼したものと、初公開の1作です。ただし!後者のものに性的表現があるため、18禁とさせていただきます。100円です。

 「アンジャッシュの主題によるトリコロ短編小説「百合ネタ」」
 初公開です。私はお笑い芸人アンジャッシュのネタを基にした作品をいくつか書いていますが、今回はトリコロでそれをやってみました。100円です。
 
 「そして僕らは家族になる 短編小説 食卓」
 ミクシィで限定公開していた作品です。訳あってミクシィではもうみられなくなっております。100円です。

 「らき☆すたポケット(ブラック?)ジョーク集」
 大好評?だった作品、今回は何作か削ってスリムにしてみました。300円です。

 お立ち寄りいただければ幸いです。

 開場は大田区のPioですが、そこに行くのも随分久しぶりです。

 コミケも含めて東京のイベントってのも、久々だなあ…

 …同人誌即売会なるものに初めて行ったのがこのPioであったブライトシーズンの7で(以下削除













 
  1. 2010/11/15(月) 00:54:40|
  2. イベント関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ドラえもん』の名言・珍言・爆弾発言がスゴイ!

『ドラえもん』の名言・珍言・爆弾発言がスゴイ!
http://youpouch.com/2010/11/05/083222/

 いや、確かに凄い。今のドラえもんからは聞くことも見ることもできないでしょう。

 昔のドラえもんは、いや藤子氏には、こういう「毒」があった。それは麻薬にも例えられる、刺激的で魅了されずにはいられない毒が。

 ちなみに、この記事に乗っている名言のうち、一つドラえもんだけが言ったものではない発言があります。



  1. 2010/11/14(日) 22:25:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しかしそれは

『ドラえもん』の野比のび太はリア充だった
http://youpouch.com/2010/11/14/163039/

 しかしそれはドラえもんあってのことと、私は思います。

>・いつも触れ合える友だちがいる
 私たちはドラえもんが来た場合の状態を見ています。またそれを前提にしても、露骨に仲間はずれにするスネ男、わけのわからん理由(例:買ったばかりのバットの殴り具合をためさせろ)で暴力をふるうジャイアンが「いつでも触れ合う友だち」でしょうか。(勿論彼らにも良い点はありますが)

>・かわいい幼なじみと結婚できる
 これもドラえもんが来たからです。

>・どう転んでも結婚だけはできる
 結婚が幸せの絶対的なものでしょうか。

>・射撃が得意
 これはのび太固有のものですが、ドラえもんがいない場合、それを活かす事はできませんでした。(後述)

>・ラブコメのような体験をしている
 これもドラえもんあってのことでしょう。

>・実は親が甘い
 これは間違いありません。ただ、これも遠因かと思うことが、ドラえもんのいない未来で起きています。(後述)

>・そもそもドラえもんがいる
 そうなんです。結局はそこに行き着くのです。のび太はドラえもんがいるから、充実しているのだと。

 ドラえもんが来なかったのび太の未来を、私が知っている範囲で(第1巻の最初の話)見てみます。

・大学受験失敗
 これはそう不幸でもないかもしれません。難しい顔をしてういるのび太にお酌をしているパパのにこにこ顔が印象的です。

・就職できなくて自分で会社を始める。
 これは寧ろ凄いことでしょう。ベンチャーのはしりだったのかと思います。ということはのび太はそこそこ行動力はあったのでしょうか。ここでものび太にお酌をしているパパ(?)が良い顔してます。というか、パパやママはどう思ってこの息子の起業を見たのでしょうか。

・会社丸焼け。
 会社が焼けて、消防士が放水している姿をバックにのび太と思われる人物が焼け出された格好で、なぜか手に花火を持ち立っています。

・会社潰れ、借金取り押し掛け。
 何人もの債権者(?)に詰め寄られています。後ろには赤ちゃんを抱いた女性の怒りとも見える姿が。奥さんでしょうか。私の記憶ではのび太が30歳のときです。

 そしてその生涯に莫大な借金をし、それが後世にまで続いているのです。子孫のセワシは小遣いが50円だそうです。(本当か?)

 この人生を充実したものかどうかを考えるには、個人個人の主観によって違ってきますが、少なくとも私はそうは思いません。

 のび太はそうセワシに告げられたとき、泣いてセワシに謝っています。

 こういう状況を打開するために、ドラえもんはやってきたのです。

 だからドラえもんの居るのび太は、充実していなくてはならないのです。











 
  1. 2010/11/14(日) 22:18:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんにゃくゼリー:窒息死事故17日判決 危険性争点に

こんにゃくゼリー:窒息死事故17日判決 危険性争点に
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101114k0000e040008000c.html

 学生のころ、これをテーマにいろいろ調査したことがあります。

 どちらの側も言い分があって、判事さんにとっては難しい事件となるでしょう。

 ただ、個人的に言えば、私が調査した頃に比べて企業の事故防止策は、自ら行える範囲において結構進化しています。

 例えば、私が調査していたころの蒟蒻畑は注意書きも分からないようなものでした。(私は事故が起きていることを踏まえ、防止策が足りないというようなことで見ていたのですが)今では注意書きも大きくなって、バリエーションも増えました。

 この事件に限って言えば、なぜ凍らせたそれを子どもに食べさせたか、そこが私の知りたいところです。

 いずれにせよ、おそらくは公平な判断が、判事さんによってなされるでしょう。












  1. 2010/11/14(日) 22:16:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋愛ラボで更ける夜

 先週、恋愛ラボ5巻発売記念で作者の宮原氏のサイン会がありました。

 恋愛ラボとは、芳文社から発行されている四コマまんがです。

 宮原氏のサイン会に行くのは二度目で、最初はマキを描いてもらいましたが、今回はちょっと特殊なリコを描いてもらいました。

 それ自体は周知のことですが、それがきっかけにもなって恋愛ラボを読み返しています。

 恋愛が基となってできたものは、文学、美術、音楽…おおよそ人間の表現できるあらゆる手法で表現されてきたと思いますが、恋愛ラボばその中でも奇異なものかもしれません。

 大体の恋愛ものは誰かに恋をしてから、例えそれを本人たちが認知していなくても、始まります。

 恋愛ラボはその少し前、恋に恋焦がれている段階から始まります。

 しかも、女子中学校という特殊な環境の中で、(マキの性質もあるのでしょうが)知らないが故に(面白い方向に)歪んでいます。

 しかし知らないながらでも彼女たちは、恋愛という本に、ターヘルアナトミアを訳そうとした前野良沢や杉田玄白のように格闘しています。

 しかし読んでいて面白いのは恋愛うんぬんかんぬんよりも、マキとリコ引いてはあの5人の結びつき、つまりはその友情を、木管楽器の響きのように感じていられるときです。

 一巻のラストの方、二巻の中盤、四巻のラストの方、ここに友達を想う彼女たちの愛らしく、そして柔らかで、よく澄んだ響きが聴こえてきます。

 物語はまだまだ進むでしょう。やがて解体新書も出版されるでしょう。

 そして蘭学事始を静かに書き終えるのでしょう。

 願わくばその物語が、どうかその木管の響きを失わずに、澱みなく突き抜ける青空のようにならんことを祈ります。








  1. 2010/11/14(日) 00:38:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内田光子指揮 クリーヴランド管弦楽団

 内田光子率いるクリーヴランド管弦楽団のコンサートに行ってきました。

 これで2回目です。アメリカの管弦楽団を聴きに行ったのは。

 前がヤルヴィのシンシナティ交響楽団だったから、どっちともオハイオ州となりました。(笑)

 プログラムはオールモーツァルトで、ディヴェルティメントのK138、ピアノ協奏曲の23番と24番でした。

 ディヴェルティメントは弦楽器だけの作品ですが、指揮者なしで立って演奏してました。実際はコンマスが仕切っていたようでしたが。

 メタリックな音でした。アメリカのオケに技術のほかを望むのは間違いなのですが、何というか、クラウザーさんが上品にモーツァルトをやったらこうなったって感じの。それは言いすぎか(笑)。

 23番は好きな曲で、ハイドシェックがヴァンテルノートと演ったのを第一として聴いています。

 内田は弾き振りでしたが、木管を使うセンスが素晴らしい。思わず目を細めて聴き入ってしまいました。ピアノに関しては上の下という感じでしたが、内田を見直してしまいました。

 ドレスデンやウィーンのオケで、内田指揮でハイドシェックがピアノの同曲をやってくれんもんでしょうか。

(敬称略)




  1. 2010/11/13(土) 11:30:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茹で落花生

 落花生を知らない人はいないだろう。所謂ピーナッツである。これで故田中元首相を思い出された方は結構な歳と思う。(笑)

 ピーナッツは産地により旨い不味いがあるが、僅かな差である。私は百円均一の店で買ったピーナッツでもそれなりに食う。しかし私が、恐ろしく魅了されている落花生がある。

 茹で落花生である。

 私が東京に出入りして間もないころ、夕食を食べる店を探していた。しかしそこは田舎者、また今ほど情報が氾濫していない頃だったので、どの店に行けば旨いかなどということはさっぱりわからなかった。そこで私は東京駅に丸の内南口近くにあった中華料理屋に、まあここならというぐらいの気持ちで、行った。また、外のメニューにラーメンやチャーハンが大盛りできるとあったのも一因である。店内に入り、とりあえず生中を頼んだ。

 そしてその付け合わせで、茹で落花生が出てきたのである。

 私は普通のピーナッツが殻付きで出てきたと思い、それを指でおもいっきり潰した。するとあろうことか、殻がやわやわで抵抗なしに潰れたのである。私は驚いて指をみた。なんだか、全体的にやわやわなのである。私は指に付いたその残骸を食べてみた。

 旨い!

 いつものピーナッツの味が、しっとりと濃厚に香るのである。食べた瞬間にその感覚と茹でてあることに気づき、全く東京は想像もつかん所だと感じ入った。

 次の殻に手を出すときは、慎重にそれを開け、まるまるとした実を楽しんだ。

 以来、ここに行く度にそれを注文し、楽しんだものである。

 しかしこの店は、東京駅の改装に伴い閉店してしまった。あのときの失望感はきつかった。

 以来茹で落花生にありつけず、私にとって幻の味となっていた。

 最近近所で落花生を作っている人が、少しそれを分けてくれた。久々に味わうあの香り!

 また食べたいものである。





  1. 2010/11/13(土) 11:04:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラフィック

 地方同人にとって東京へ行く交通手段は重要な問題であると思う。

 年二回のコミケは勿論、それ以外にも各種即売会などがあろう。

 私は、東京へ行くのに夜間高速バスを主に使っている。

 今から数年前、生まれて初めて同人誌即売会に行く!となったとき、真っ先に考えたのが交通だった。

 まず新幹線の往復を考えたが、お金がかかる。飛行機では尚更だし第一近所に飛行場がない。何とかして安価な移動手段をと思ったとき。地元と東京を結ぶ夜間高速バスがあった。座席で寝るのを我慢すれば、新幹線の半額ぐらいで東京まで行ける。それから私は東京に行くツールとして、夜間高速バスを頻繁に使うようになったのである。

 全盛期では、あの頃はKey系のイベントも多かったので、毎週のように上京していたものである。

 今では新幹線、飛行機、夜間高速バス、車、果ては寝台列車まで併用している。

 新幹線は高価だが一番手軽なツールだ。思いついた時に乗ることができ、移動できる。

 飛行機は予約と搭乗に手数がかかるし、以前は一番高価だった。が、格安で乗れるようになり、また飛行場も近くなり、夜間高速バスに肉薄してきた。空からの景色も他にはない。また、万一があれば絶対に助からないというのも私には魅力である。

 夜間高速バスは一番安価だが、それだけに予約を取れるがどうかが鍵である。一番高価なものでも、東京へ行くのには新幹線の半額で済む。さらに安価なものとなると数千円から五百円という信じられない価格のものもある。もっとも、安かろう悪かろうで、安価なバスに何時間乗るというのは、ある種の拷問でもある。さらに私は鼾をかく。無用の迷惑をかけてしまうのも良くない。ただやはり、安価なのは最大の魅力である。土曜にサイン会やコンサートがあるときに、往復で多用している。

 安くつきそうで意外に高くついたのが車である。もう今は持っていないが、車を持っていた頃これで三回ほど東京(というか首都圏)に行った。もちろん高速道路を使ったのだが、ガソリン代が結構かかった。これではバスの方が安い。また、一回だけ仙台へ行くのに車を使った。片道十二時間ぐらいかかったろうか。

 一番高価なのが寝台列車である。東京を夜に出て、地元に早朝着く。しかも車内は寝台で寝ていられる。個室寝台なので他人も気にならない。私にお金がいっぱいあればこれを多用したい。今のところこれは、次の日出勤で当日夜遅くまで東京に居なければならないという時に使っている。平日東京でどうしても聴きたいコンサートがあるときにこれを使う。今年は上岡のコンサートで利用した。ただ、私はこれに乗ってもすぐに眠れない、嬉しさで興奮するのだ。流れる景色を見ながら音楽を聴き、一杯やるのは格別の快楽である。

 ただ、次回の東京行きは寝台列車になってしまった…高いな~やっぱり…






  1. 2010/11/13(土) 10:34:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

差し入れ

 私は差し入れをよくします。理由は、自分がされて嬉しいからです。

 主にコミケなどのイベントでよくやります。こういうとき、行きと帰りでは行きの方が荷物が軽いです。差し入れをして本を買っていないのですな。

 差し入れする物は、地元産の小さいものを選びます。どうせお渡しする物なら地元にしかないものを、そして、持ち運びに難儀しないように小さいものを選びます。

 こういうのを、イベントの数か月前から考えています。

 自分でも良かったなと思った差し入れは、檜の一枚板で作った団扇です。檜を薄く輪切りにして、一部に丸い穴をあけて団扇にしたものです。薄いし軽いし、仰げばほんのり檜の香りがし、さらに安価でした。(笑)

 最近はサイン会でも差し入れをするようになりました。

 例えば先週の宮原るり先生のときは地元のブドウで作ったワインを、MALINO先生には素麺バチを差し上げました。(ちなみに、素麺バチとは、素麺を作る際にできた端っこの部分です。末広がりの白いものなので、三味線なんかのバチに似ているのでこう呼ばれています。味噌汁などの汁ものの具として最適です。私は黒い漆器の器に澄まし汁を入れて、そこにぱらぱらっ散らすのが好きです。)

 今週末にMATSUDA98先生のサイン会があるので、差し入れを…と物色しましたが、結局また地元産のワインにしました。

 宮原先生の一回目のサイン会では、神戸牛をつかった佃煮を差し入れしました(そう高価ではないものです)。覚えていただいており、嬉しかったものです。

 これからも差し入れを続けて…といきたいのですが、これで失敗したこともあり、まあ程々に続けていければと思います。







  1. 2010/11/10(水) 21:30:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョルジュ・プレートル指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 本日はハルヒ市でタイトルのコンサートがありました。

 「エロイカ」はともかく、シューベルトの2番交響曲というのが面白い。大期待のコンサートでした。

 しかし、それを蹴って東京へサイン会に行きました。(笑)

 いやー「恋愛ラボ」の宮原先生と「かでんつぁ」のMALINO先生ですからね~行かないわけがない。

 もしウィーンフィルが、小林とか上岡だったら行ったと思いますが、まだプレートルはそこまで食指の伸びる人ではない。ただ、高齢なだけにこれが最後の日本公演になるかも…そうなったら惜しい気もしないではないこともあるかもしれません。

 で、前日夜バスに乗り(チケット取れなくて若干高めの)、東京に着いて、サイン会に行ったわけです。

 その中途でMATSUDA98氏のサイン会情報を入手した私は、バスから降りるとともにその店へ直行。ぶじ手に入れられました。

 最初は宮原氏のサイン会に行きました。私の素性を明かすとなぜか大変感激されて、握手までさせていただきました。

 イラストはちょっと特殊なリコを描いてもらいました。

 で、次はMALINO氏。この方も甚く喜んでいただき、有難いことでした。

 MALINO氏の会場が秋葉原ビックカメラの7階、ここタワーレコードもありまして、ついついクラシック音楽コーナーで衝動買いしてしまいました。

 朝比奈=倉敷音楽祭のベートーヴェン7・8番、同じくスウェーデン放送響とのライヴ、マークのブルックナー5番交響曲です。倉敷音楽祭のは店内の音楽でかかっていましたが、貧弱なステレオから熱の入った演奏が聴こえてきました。

 今日は上野でメータ=イスラエルフィルの演奏会がありましたが、それはパスしました。時間的には問題なかったのですが、演奏に(以下略)

 あと!今日買ったキャラットに凄い情報が。Aチャンネルアニメ化!

 いいですねすばらしいですねマーヴェラスですね。

 この勢いでサイン会やってくれんじゃろか。


























 あ、あと冬コミは落ちました。
















  1. 2010/11/06(土) 21:05:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する