FC2ブログ

霧の中で

管理人「ガン」(Key系小説同人サークル「オーパー」支配人兼音楽監督)

ありがとうございました。

先日行われた「京動奉納祭」にお越しいただいた方々、本当にありがとうございました。

イベントそのものは、閑散としていたかもしれませんが、我がサークルはいつもより5割り増しぐらいのお越しがありました。ありがたいことです。

次回参加イベントは、仙台市情報・産業プラザ(AER/アエル)5階多目的ホール(JR仙台駅徒歩3分)で5月25日に行われる「杜の奇跡12」です。出し物は、「京動奉納祭」の出し物に加え、新刊を出します。仙台出身の「サンドウィッチマン」に関する本を出します。
一年ぶりの仙台です。楽しみです。

さて、皆さんはGWをどのように過ごされましたでしょうか。私は上記のイベント漬けといきたいところですが、実際は別のものに漬かってました。
GWで有楽町の東京国際フォーラムで行われた「LA FOLLE JOURNÉE au JAPON 」に漬かっておりました。意訳して言うと、クラシック音楽コンサートのコミケ級にでかいやつです。
当初は、GW中に東京にいる日のうち、最初の日のみをこのコンサートに割くつもりでしたが、結局いる日全てをそれに割いてしまいました。
今年の「LA FOLLE JOURNÉE au JAPON 」はシューベルトづくしでした。「LA FOLLE JOURNÉE au JAPON 」は毎年テーマになることを決め、それに沿ってコンサートが行われます。それがGWの期間中、国際フォーラムの4つ(以上)の会場を同時に朝から夜中まで行うっていうのだから凄い!
朝の8時から夜中11時半までずっとコンサートづくしという人もいます。
私は一日平均3公演で聴いてました。やっぱりよかったのはミサ曲。聴きたかった曲が最高の演奏者で聴ける!これが「LA FOLLE JOURNÉE au JAPON 」の魅力でもあります。コルボの指揮での6番!泣きました。
あと印象に残ったのが、ラドゥロヴィチのヴァイオリンによるベートーヴェンヴァイオリン協奏曲。久々に即興演奏の極みを聴けました。クワメ・ライアンの指揮によるフランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団のサポートも抜群でした。

で、この「LA FOLLE JOURNÉE au JAPON 」。元々はフランスのナントで行われているイベントの東京版です。(今年から金沢でも行われました。)
…会場で、テナに引っ張られた恭介の姿が見えた気がしました。

で、最近行われた岬下部先生のサイン会に行ってきました。かなり緊張しましたが、差し入れをお渡しでき、よかったです。
「S線上のテナ」はきららフォワードに連載されております。そのフォワードに同じく連載されている作品で「くろがねカチューシャ」という話があります。これが面白い!
なんだろうな、これだけ読み手に優しくないギャグマンガも無いのではないでしょうか。奇抜なキャラクター、予測できない展開、期待を裏切らない爆笑…
この「くろがね」の作者は吉谷先生ですが、この方がきららに連載されておられた「あねちっくセンセーション」という作品が終わりました。先生、お疲れ様でした。
これを機会に、きららの購読をやめようと思います。結構長く買っていましたが、ここいらが潮時でしょう。

で、いろいろと書きましたが、とにかく、次回のイベント、よろしくお願いします。


スポンサーサイト
  1. 2008/05/17(土) 19:14:53|
  2. イベント関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々の更新です

前の更新から

だーーーーーーいぶ間が開いてしまいました。我ながら呆れたものです。この間に「オーパー」として参加したイベントもあったのに…

何はともあれ、とにかく次回参加のイベントのお知らせをします。

次回参加は、都立産業貿易センター(浜松町館) で5月5日(月祝)にある、京アニオンリーイベント「京動奉納祭」に参加します。

らきすた・涼宮ハルヒの憂鬱・AIR・CLANNADなど、京都アニメーションが関わった作品すべてOKという趣向が私の気を引きました。

予定している出し物を下にあげます。

Key作品
オフセット小説本「おもい」(CLANNAD杏作品 メインストリートに沿った杏の心情などを書いたもの。(私にしては)長編。)
同「コンサート」(ことみストーリーその後。出演キャラ多すぎ。(私にしては)長編。)
同「食卓」(標題のテーマに基づくKanon・AIR・CLANNADのオムニバス作品。)
コピー小説本「補完」(Kanon美汐とAIR観鈴のコラボ作品。)
同「マーラー 交響曲第四番」(Kanon真琴もの。同名の音楽がポイント。)
オフセット漫画本「キロロの唄」(CLANNAD杏作品)

※この中で特に優れているのが「おもい」と「キロロの唄」。まなみ氏と花木氏による珠玉のイラストをご堪能あれ。

らき☆すた
コピー小説本「らき☆すたに関わる3つの話」(かがみ中心もの。)

Key&らき☆すた
コピー小説本「(タイトル未定)」(らき☆すたとAIRのコラボ作品。)新作!

その他
同「夢」(ONEオールキャスト作品。)

新作の「(タイトル未定)」については、今回で前半、次回参加のイベントで後半を出そうかなとか思っております。
また、ここにはあげておりませんが、無料配布の本も考えております。

次回参加予定イベントは、仙台市情報・産業プラザ(AER/アエル)5階多目的ホール(JR仙台駅徒歩3分)で5月25日に行われる「杜の奇跡12」です。
一年ぶり!楽しみです。出し物については、上記の他、仙台出身のコメディアン「サンドウィッチマン」に関する本も出してみたいです。(好きなんですよ、サンドウィッチマン。)

その次に参加する予定のイベントは名古屋・日本ガイシフォーラム(旧サン笠寺)(JR東海道本線 笠寺駅 徒歩3分)で6月22日に行われる「陵桜祭5GoGo!!」です。
出し物は未定です。

その次の次は、(受かれば)コミケです。 オリジナル小説ジャンルで申し込みました。

もっといろいろ書きたいのですが(美水かがみとリヒャルト・ワーグナーその2とか)、今回はこれで終わります。なるべく早く更新するようにします…

(京動奉納祭のサークル参加案内が5月の2日に届いた)
ガン









  1. 2008/05/03(土) 02:30:18|
  2. イベント関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

opergan

Author:opergan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する